温泉の中でバックからねじ込んだ欲望

 杏奈に、湯船を囲む岩に手をつかせた。

 お互い太ももまでは湯船の中だ。

 秋山に向かってツンと突き出された杏奈の白い尻。早く入れてとせがむように、腰がもじもじ動いている。

 濡れた陰毛から湯がしたたっていた。

 めまいがするほどエロい光景。

 

 優秀で、しなやかで、ハツラツとした部下のあられもない姿。

 それを秋山にだけさらしている。

 自尊心が満たされ、血流が絶え間なく下半身に流れ込む。

 秋山は杏奈の尻を両手でガシッ、とわしづかみした。

「あっ……」

 2度、3度と揉みしだいてから、カチカチに隆起した肉根を裂け目にあてがい、バックから一気にねじ込んだ。

「アァっ!」

 

 悲鳴と共に杏奈が大きくはじけた。

 ズシュ、ズブ。

 かまわず突き立てていく。杏奈の細い背中がうねり、震える。

 ピストンしながら乳房に両手を回し、強く揉んだ。

 背骨のくぼみにそって舌を這わせた。

「あっ、ダメ、課長、はぁんっ!」

 

 声を上げるたびに、杏奈は秋山の肉根を、きゅっ、きゅっ、と締めつけてくる。

 だめだ。

 体勢を変えてもやっぱり持ちそうにない。

 それならば――。

 

 ひたすら激しくつらぬくのみ!

 秋山は闇雲に動かし続けた。深く、深く、できるだけ奥まで届くように。

「んあっ、すごいっ! あぁ!」

 秋山の下半身が激しく杏奈の尻を叩く。パンパン、という音と水音が混ざり合う。

「ダメダメダメ! やばい、イクっ、課長っ!」

 そんなことを女に言わせたのは何年ぶりだろうか。

 どうせならイカせてやりたい。

 秋山は強く思った。

 

 パンパンパン――。

 

「ああ、あーー! キテるぅ!」

 持ってくれ! 杏奈がイクまで!

 心の中で叫んだ。

 

 パンパンパンパンパンパンパン――。

 

 無我夢中で腰を動かし続けていたら、杏奈の背中がひときわ大きく震えた。

「いやぁぁっ! イクぅぅぅぅぅ!」

 雄叫び。

 次いで小刻みな痙攣が肉根を包み込んだ。

 それでもう、我慢の限界に達した。「がっ、俺も、イクぅっ!」

 

 激しい快感の予兆が下腹部で生まれ、それがあっという間に大きくふくれ上がり、溜まりに溜まった欲望が爆発した。

 ビュルビュルビュル――。

 ものすごい勢いで尿道を熱いモノが流れ、杏奈の奥深くに飛び出していった。快感は隆起した時の硬度に比例する。すなわち、めまいがする程の快感だった。

 杏奈は杏奈で、秋山の濃厚な白い液を全て絞り取るように、小刻みな痙攣を続ける。

 

「杏奈! ああっ、杏奈!」

「あんっ、課長ーっ!!」

 出張で、温泉で、美人部下との予期せぬ交わり。

 最後の一滴まで精液を出しきるのと同時に、しばらく忘れていた幸福な気怠さが秋山の体を包んだ。

 ふたりはそのまま、湯の中に崩れ落ちた。

 

 バシャ。

 

 しばらく息を整えてから、秋山は聞いた。

「酔いは冷めたか?」

「う~ん、まだ少し残ってるかも」

「俺とのコレは、酔った勢いか?」

「そんな女に見えます?」

 

 分からない。分からないから、もっと知りたいと思った。

 秋山は杏奈の肩を抱いた。すると杏奈は秋山の腕に自らの腕をからませ、肩に頭をあずけてきた。

 ふいに妻の顔が浮かび、チクリと胸を刺す。

 それでも杏奈を手放したくはなかった。

「もっといい温泉を知ってるんだ。冬が深くなったら一緒に行こう」

「プライベートですか?」

「差し支えなければ」

「奥さんに悪いなぁ……」

 秋山はそれには答えず、夜空を見上げた。さっきより星が輝いて見えた。(おわり)

 

【出会い足りてますか?】

※マッチングサイト『PCMAX』の概要(ここをタップ)

PCMAXは運営期間も長く大きなサイトです。男女登録者数は1400万人を突破しました。

警察にも出会い系業者として登録済みです。

 

お上が出会い系には目を光らせているのでサクラの心配は不要です。

利用者のポイントを消費させようとするサクラ自体が詐欺なので、運営がうまくいっている会社はそんな危険な橋を渡りません。出会い系サイトやマッチングアプリを選ぶ際は、PCMAXにこだわる必要はありませんが、大きな会社を選ぶのがベストでしょう。これは怪しいな~と思われる出会い系もたくさんありますので。

 

PCMAXは広告に年間10億円かけていると公言しています。そのため人も集まってきます。

人が集まるということは、交流も活発になり自然と出会いのチャンスが広がります。

 

ただし。

デリヘルなどの業者が素人の女の子を装ってアプローチしてきます。運営側もパトロールを強化していますが、なかなか業者を排除するのは難しいようです。

 

当サイト管理人もPCMAXを利用していますが、特に恋愛強者である若い女性からガンガンにアプローチしてくる場合は大抵業者なのでスルーしてください。もしかしたら本当に積極的な女性かもしれませんが、それを見分けるのは至難の業。いきなりフリーのメアドを教えて欲しい、と言ってくる女性も業者でしょう。

 

しかしPCMAXは若い子だけじゃなく、30代、40代以降の男女も数多く登録しています。既婚者の女性は基本、家庭を壊したくないのでむしろ秘密の関係を結びやすいとも言えます。人妻を装った業者からのアプローチも今のところありません。正直若い女性は超売り手市場なので、ちょっと苦戦を強いられそう。。

 

少し話は逸れますが、当サイト管理人は底辺ですがシナリオライターなのでシナリオのスクールに通っていたことがあります。

多くの男女が集う場所では必ず色恋の話が出てきますよね。既婚女性も多く、その生態を間近に見てきました。一線を越えたこともありますが、彼女たちは退屈をしていて、安心さえしてもらえれば、けっこう積極的で奔放です。こちらが旦那さんの心配をしてしまうくらい。

もちろん人にもよりますし、全員が全員美人ではないですが。(カルチャーセンターは出会いという意味でおすすめですよ!)

 

彼女たちは出会いたいんですよ。恋をしたがっている。必要とされたがっている。多少のリスクをおかしてでも。

 

【18際未満の利用を禁じているため、登録後に年齢確認が必要になります】

【登録後、詳細条件検索で刺激を求める人妻や熟女にもアプローチ!】

料金は女性完全無料です。

男性は基本、メッセージを1回送るのに50円かかります。プロフィールを見るのに10円。最低限これだけはかかります。(その他の料金表はサイト内にあるのでご確認を)

女性優位なのはもう仕方がない。全ての生物としてのオスは、一生女に振り回され続けます。

 

何回のやりとりで実際に会えるかは何とも言えませんが、20回の送信で1000円ちょっと。それでLINE交換までいければガールズバーの女の子ドリンク代くらい。

最初は数人にメッセージを送り、脈がありそうな子に絞っていくのが基本戦略です。女性側も出会いを求めている場所なので、出会えるチャンスは必ずあります。スワッピング希望者やM男をいたぶりたいなど、なかなかディープな募集も。

 

その気のない顔をしていたって、女性だって刺激を求めている。だってドキドキするじゃないですか。出会いそのものも。求め求められて肌を合わせるのも。

 

出張ついでにちょっと飲みませんか、というだけでも風俗やキャバクラへ行くより楽しい。登録から年齢認証を終えれば無料ポイントがつくので、まずはそれでお試しを。

 


 

30中盤の僕がPCMAXで出会ったのは27歳の人妻でした。

僕は関東で、彼女は関西。

出会い系は正直、まったく期待せずに使っていましたが、数回メッセージを送り合ったのちLINE交換。わりと早かったですね。

 

まあ、距離も離れているし、旦那さんが警察関係の方だったので、国家権力恐いし会うつもりもなく、ただ楽しかったので頻繁にLINEでやりとりしていました。ところが彼女が東京に用事があるというので急遽会うことに。初対面の女性と会うときの緊張感って何度経験してもいいものです。

 

新宿で飲んで、会えたね、という高揚感もあってけっこう酔って、ゲイバーに行きました。

ゲイバーってノンケにとってはやはり異質で、男女で行くと変な雰囲気になりやすいんですよね。女性も喜んで行きたがりますし。

狭い店内でカウンターに座って、肩や手が触れ合ううちに僕が欲情。思わず太ももをさすってしまいました。しかし拒まれなかったし、彼女も相当息が荒くなってきたので、そのまま店を出て彼女が泊まっているホテルになだれ込みました。

 

いや、結果的にヤったといえばヤったんですが、挿入した瞬間にやっぱり国家権力恐くなっちゃって。

前戯も何もしていないのに中はグッショリだったのでツルンと入って、ツルンと抜けてしまいました。。

それから酔ったとか眠いとか、うやむやにしながら夜を明かしましたが、申し訳なかったですし、とても不完全燃焼な夜でした。本当はわざわざ会いにきてくれたのかな、と思うと胸がチクリ。真意は闇の中ですが。

 

彼女とは、今は連絡もとり合っていません。

出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX

 

合わせて読みたい・新人OLとオッパイパブで鉢合わせ