鬼畜上司が!愛する亜紀を目の前で壊していく……
あらすじ
上司に無理矢理付き合わされた飲みで酔っ払った秀太。上司に家まで送ってもらい、酔い潰れて寝ていると愛する妻の悲鳴が!ああ、目の前で妻が上司に犯されているのに、社畜の秀太は止めることができない!

 

最愛の妻、亜紀の悲鳴

 ――助けて。

 

 その声で、吉田秀太は目を覚ました。酔いつぶれてリビングで寝てしまったようだ。まとわりついてくるアルコールを振り払うように頭を振った時、またその声が聞こえた。

 

 ―― 秀太、助けて!

 

 切迫した声。愛する妻、亜紀の身に何かが起きている。そんな危機感が完全に秀太を覚醒させた。

 

「亜紀ちゃん? どうした亜紀ちゃん!」

「いやぁっ! 秀太ぁぁ!!」

 

 奥の寝室だ!

 

 足がもつれて転び、秀太は這いつくばるようにして寝室にたどり着いた。ドアを開けると――。

  

上司と亜紀がベッドの上で!

  柔らかいオレンジ色の 間接照明に包まれた寝室。 部屋の奥にあるダブルベッド上でうごめくヒトカゲ。

 

 秀太は信じられない光景に息を呑み、目を見張った。

 

「何やってるんですか課長!」

「秀太、起きたか」

「起きたかじゃないっすよ!!」

「お前が寝ちゃったから退屈でさ、奥さんと話してたら、いつの間にかこんな体勢になっちゃってさ」

 

 へへ、と笑った課長はベッドの上で亜紀に馬乗りになっていた。そして亜紀のおっぱいをニットの上から両手で揉んでいた。

 

 課長から逃れようと亜紀はもがいているが、その細腕で100キロはあるだろうメタボの課長を押しのけることはできない。

 

「冗談はやめてくださいよ!!」

 秀太は課長の肩をグイッとつかんだが、課長は亜紀から離れようとしなかった。

「ちょっと課長!」

「結婚式の時、祝辞読んでやったろ?」

「だから何だってんですか!」

「いい女だなって、ずっと思ってたんだよ」

「ふざけないでください!!」

「テメェ、コラァ!!!」

 

 課長がイキナリ怒声を上げた。ビクリとなって秀太の動きが止まる。課長には仕事でヘマをするたびに何度も怒鳴られているから、恐怖ですくみ上がってしまうのだ。

 

「秀太秀太秀太シュウターァァ!!」

「な、何すか」

「テメェ今朝もポカやりやがってよぉ! 先方との約束時間間違えて打ち合わせ遅れるなんてあり得ないだろうが!」

「そ、それは、申し訳ありませんでした…」

「俺が謝り倒して事なきを得たからよかったものをよぉ? 下手したら会社は大損害だぞ? あん?」

 

 わかってんのかよテメェ、と言いながら課長は亜紀のニットを乱暴に脱がせ始めた。

 

「いやっ、いやぁぁ! 助けて秀太ぁ!」

 

 細くキレイな足をバタつかせる亜紀!

 長い髪が乱れ、苦悶の表情を浮かべる亜紀!

 秀太は我に返り、課長を亜紀から引き剥がそうと課長に抱きかかった。

「亜紀いやがってるじゃないっすか!」

 

 メタボの課長を動かすのは至難の業だった。押しても引いても簡単には動かない。すると課長は無言のまま、亜紀のブラジャーを剥ぎ取った。

「ちょ、課長ぉぉ!」

 

 亜紀のプルンとふくよかなおっぱいがあらわになった。自分以外の男に見られただけでも相当ショックだった。亜紀が身悶えるたびに、たわわん、と波打つ2つの白いふくらみ。

 

 それを課長が!

 いきなり!

 

 鷲づかみにした。課長の乱暴な手の動きに合わせて、亜紀のおっぱいはひしゃげた。

「イヤァァー!」

 悲鳴が室内に響き渡り、

「課長ぉぉぉっ!」

 秀太は思わず課長の顔を殴った。

「っ痛……」

 課長の唇が切れ、流れた血が亜紀の体にポタリと落ちる。

 

「おい、秀太……」

 低く、ドスの利いた声。

「上司殴るとは、いい度胸してんじゃねぇか」

 ギロリとにらまれ、秀太はまたすくみ上がる。

 

「仕事もできねぇクセにいっぱしの給料もらって、奥さん養ってられるのは誰のおかげだ? なあ、秀太よぉ? いっつも俺が尻拭いしてやってんだろ? 感謝の気持ちってのがテメェにはねぇのか?」

「そ、それは……」

「俺がいなきゃ、とっくに会社クビになってんぞ。そしたらどうすんだよ。どうやって奥さん食わせてやんのよ。風俗にでも働きに行かせるか?」

「ば、バイトでも何でもしますよ……」

「バカヤロウ!!」

 

 課長の裏拳が秀太の鼻にまともにヒットして、秀太はもんどり打って倒れた。

 

「世の中そんな甘くねぇんだよ! 人生舐めんな!」

 

 鼻から血が流れる。痛い痛い痛い痛い痛い――。

 優しい秀太はまともにケンカしたこともない。言葉と肉体の暴力にさらされ、対処法を見つけられず、思考停止におちいりそうになる。

 

「お願い…暴力はやめて……」

 

 それでも秀太が立ち上がれたのは亜紀の目から涙がこぼれたからだった。自分はどうなってもいい、と秀太は思った。亜紀さえ守ることができれば、それでいい。 

 

 しかし立ち上がった秀太に、今度は課長の優しい声。

 

「悪い、秀太。殴るつもりはなかったんだ。俺、おまえのこと好きなんだよ」

「課長……」

「仕事の出来不出来なんて人の価値のほんの一端だ。どんなに迷惑かけられたって、俺はおまえと一緒に仕事がしたい。おまえがかわいくて仕方ねぇんだよ。そういう気持ちがどれだけ人を豊かにするか、教えてくれたのは他でもない、秀太だ」

 

 無意識だった。秀太は涙を流していた。信じられないことに嬉しかったのだ。

 

「だからさ、な? わかるだろ? 高じておまえの奥さんまで好きになった。今日だけだから。少しだけだから」

 

 課長はそう言って、亜紀のおっぱいにむしゃぶりついた。

 

「あっ、んん」

 亜紀は身をよじり、色っぽい声を出した。

「秀太、助けて。助けてよぉ…アンッ」

 乳首を吸われ、亜紀の体がはじけた。課長はチュパチュパと大きな音を立て、亜紀のおっぱいを貪る。課長の唾液で亜紀のおっぱいがびしゃびしゃに濡れ、テカり始めた。

「秀太、んっ、ダメ! 秀太ぁ!」

 助けを求める亜紀の声だったが、どんどん弱々しくなっていく。感じているのか、あきらめかけているのか分からなかった。

 

 そんな亜紀の唇を、課長は唾液で濡れた舌で舐め上げた。ピチャ、と音がした。

 

 課長はおもむろに、亜紀の下半身に手を伸ばした。