イケメン店員に、試着室(フィッティングルーム)でまさぐられた身体
あらすじ
来週開催される同窓会のため、幼い息子を旦那にあずけ、ショッピングモールへ服を買いにきた私。のんびりした気分は、しかしアパレルショップのイケメン店員によって奪われてしまう。まさか狭い試着室で、身体を重ね合うことになるなんて…

 

試着室という密室

 からりと晴れ上がった空を鳥たちが飛ぶ。

 その様子をさっきまで、駐車場でのほほんと見上げていた私。なのに今……。

 

「キレイです、奥さん。とても」

 

 ショッピングモールのアパレルショップ。試着室で、片ヒザついたイケメン店員に、黒いストッキングの上から足をなぜられた。

 

「ちょっ、やめて、こんなところで…」

「こんなところじゃなきゃ、いいんですか?」

「それは揚げ足とりよ」

 

 貞操観念のかたまりだと自分のことを思っていた。高校時代、バージンを捧げた旦那と別々の大学に進んだ後も付き合い続け、卒業と同時に結婚した。

 

 ゼミのパーベキューではしゃいだ時も、会社の送別会で泣いた時も、お酒が入ると必ず旦那に会いたくなった。 

 旦那以外の誰にも見せたことのない肌。そのことに疑問を感じたこともない。

 

 最近髪の毛が薄くなり、お腹も出てきた旦那だけど、それでも愛情が衰えたと感じたことはなかった。一生旦那だけを愛し、添い遂げる人生。それが当然だと思っていた。

 

 なのに。

 

「ふくらはぎ、パンパンですね。頑張りすぎですよ」

 

 イケメン店員は優しく、柔らかく、ふくらはぎを揉み下してくれる。どう考えても普通じゃない。どうして私はそんな状況に身を委ねているのか。 

 胸の名札を確認すると『坂本亮平』とあった。初めて来店するショップで、彼とは初対面だった。

 

 なのに。

 

「けっこうマッサージ得意なんですよ。ほら、ここ、気持ちいいでしょ」

 

 私は、亮平君が土踏まずを指圧するのを制止できずにいる。疲れがほぐされていく心地よさのせいだけではなかった。もっと、深く、身体の芯に響いてくるような、味わったことのない感覚。

 

「亮平君……」

 

 やめてとも、もっととも言えずに、ただ彼の名前を口にした。このイケメン店員は女の扱いを心得ているのだろう。

 ひざまずく格好で、そのカワイイ顔に爽やかな笑顔を乗せ、上目遣いで見つめてくる。自分の魅力を信じている。癪に障る。

 

 なのに私は、亮平君の手が足裏から離れ、くるぶしを通り、ふくらはぎで止まらず、ヒザの裏をなぜられてもやっぱり拒否できなかった。

 

「んっ、くすぐったい……」

 

 拒否できない、だけではない。

 心では、もっと上まで這い上ってきて欲しいと思っている。でもそんなことは口に出せないから、亮平君の髪に指を絡ませる。ハァ…、と湿った声を漏らす。

 

「奥さん。本当にキレイな足です。素足も見てみたいな」

 

 私の返事を待たずに、亮平君の手は太ももをゆっくり這い上がってきた。どんどん核心に近づいていく。ゾクゾクして、高鳴る胸の鼓動が彼に聞こえないか心配した。

 

 期待という名の媚薬が私を狂わせる。

 亮平君の手が内ももから核心に最も近づいた時、反射的に片足を軽く上げてしまった。私がそうすることを分かっていたかのように、彼は私の足を抱え、自分の肩にまたがせた。

 

 無防備に開いてしまった股間と亮平君の顔が近い。ソコを指で押すのは簡単だ。なのに彼の指は核心の周囲をサワサワと這い回るだけで一向に触れてこようとしない。

 

「あんっ、ちょっとぉ…」

「ちょっと何ですか?」

「わざとでしょ…」

「わざと?」

 

 サワサワ、サワサワ。亮平君の指が私を焦らす。早く触って欲しくて私は腰をくねらす。それでも触れてこようとしない亮平君の頭上に、

 

「いじわるしないで…はぁっ…んん~」

 

 切ない吐息をたっぷり落とした。

 

「優しい旦那さんみたいですね」

 

 このタイミングでそうくるか。

 不用意な言葉だと思わないのだろうか。そのひと言で私が我に返るとは思わないのだろうか。いや、確信があるのかもしれない。私にはとうてい拒否できないと――。

 

 悔しいけどその通りだ。私の身体は焦れて焦れて、触れ欲しくてもう後にはひけなくなっている。

 

 むしろチクリと胸を刺す罪悪感が「うずき」を加速させる。

 

「あれ?」亮平君がふいに首をかしげた。「ちょっと匂うな。メスの匂い。奥さん、もしかして……」

 

 イジワルな男。絶対に分かっているクセに。女の泉が後から後から湧き出ているのだ。自分でもそれが分かる。

 

「触って…あぁっ…」

 

 とうとう言ってしまった。亮平君はニヤリと頬をつり上げるや否や、私の核心を指で押した。

 

「ンアッ、あ…っ!」

 

 身体に電流が走り、脳天まで達した。

 

「奥さん、これはすごい。たっぷたぷにあふれてるじゃないですか」

 

 私の羞恥をあおりながら、亮平君はグリグリと核心を攻める。指を押し込んでくる。ギリギリの理性で唇を噛み、声が大きくなるのをおさえた。

 

「んっ、くふぅ…早く、欲しいぃ…あっ、ん…お願い……」

 

 亮平君はいきなり。本当にいきなり。ストッキングをビリビリ破いた。

 

「やっ、ちょ!」

 

 そして乱暴にショーツをヒザのあたりまで下げて核心に顔を埋めた。ヌチャ、と粘度の高い音がした。彼の舌が赤く尖っているであろう蕾に触れた瞬間、身体がはじけた。

 

「アァァッ!!」

 

 悪いのは私じゃない。

 まるっきり理性を失ってしまった身体と亮平君のせいにして、快感に身を委ねようとしたら、さっきの旦那の言葉を思い出した。

 

 ――たまにはゆっくりしてこいよ。

 

 小学校に上がる前の息子を優しい旦那にあずけ、私は来週ある同窓会に着ていくための服を選びにきていた。

 食事をして、服を買って、映画を観て帰るはずだった。

 

 なのに。

 

 服を選びながら亮平君と世間話をしているうちに……。