ギャルの足コキ、怒った2人組に駐車場で性裁を受ける俺
あらすじ
立ち飲み屋で2人組のギャルを出来心で盗撮してしまい、それがバレて俺は2人の前でオナニーするよう命令された。警察に通報されたくない一心で、俺は彼女たちの言う通りオナニーを始めるが……

 

※ゲスいです

 

立ち飲み屋に現われた2人のギャル

「おい、おっさん。さっき撮ったろ?」

 

 その声に首だけで振り返った。背後に2人のギャルが立っていた。やばい、と思ったが逃げ場はなかった。コインパーキングの隅で俺は立ちションをしていた。

 

「何の、ことでしょうか……?」とぼけてみたら声が引きつった。

「ウチらのこと盗撮したろ? ほら、見せてみろよ」

 

 ボブヘアーに金のメッシュを入れた女が、スマホを出せと俺の肩を叩く。

 見せるわけにはいかなかった。女の言う通りだ。確かに俺は彼女たちのことを盗撮した。

 

 ついさっきまでカウンターと丸テーブルが3卓という、小汚い立ち飲み屋で飲んでいた。値段のわりにツマミの味はソコソコで、仕事帰り、たまに立ち寄ることのある店だった。

 

 今日ものれんをくぐり、マグロのぶつと山芋の千切りをツマミに、カウンターで熱燗をチビチビ舐めていた。いい感じに酔っ払った頃、彼女たちが入ってきた。

 

 ボブヘアーと、シルバーに近いロングヘアーの2人。シルバーロングの髪にはパーマがかかっていて、歩くたびに毛先が柔らかく揺れた。

 

「カンパーイっ!」

 

 彼女たちは奥のテーブル席に陣取り、ジョッキを重ねて小気味よい音を響かせた。キャッキャと騒ぐ彼女たちの声は、野放図に明るい。

 

「でさでさでさ、その後タカシにキスされちゃってさ」

「マジっすか? やべぇ」

「めちゃ気まずいし。友達の彼氏だし」

「でもタカシさんってイケメンですよね。さすがミキさん、モテモテっすね」

 

 どうやらボブヘアーの名前はミキで、シルバーロングより立場が上らしい。シルバーロングはボブヘアーをしきりに持ち上げていた。

 

 いや、そんなことはどうでもいいのだ。

 俺はイラついていた。

 ここは立ち飲み屋だ。オジサンたちの聖域だ。ひとり静かに飲みたい気持ちを、若さという傲慢に踏みにじられたような気がした。

 

 上着を脱いだ彼女たちの格好もひどいものだった。若いやつらのファッションはよく分からないから、さらっとスマホで調べた。

 

 ボブヘアーが身に付けているのは、どうもチューブトップというノースリーブの一種らしい。肩ヒモがなく、胸から下を体の線がハッキリ分かる布で包んでいる。そう、着ているのではない。あれは包んでいるのだ。

 まるで水着、あるいは下着のようだ。ヘソが見え隠れしている。おまけにスカートが極端に短い。

 

 シルバーロングの女は分かりやすかった。ニットだ。胸元がざっくり開いた黒のVネック。サイズが大きいのはわざとなのだろう。片方の肩が丸出しだった。

 

 まだ小学生の娘が、将来こんな女たちのようにならないことを切に願った。

 

「やっぱ男は顔っすね」

「金でしょ」

「アソコのデカさも重要っす」

「ギャハハハ! ウケる」

 

 下品に飲んで騒ぎながら、彼女たちが大げさなリアクションをとるたびに、短いスカートの奥にある白い布がチラチラ見えたり、Vネックの胸元がぱっくり開いたりした。乳が揺れる様子までハッキリ見えた。

 

 違う。違うのだ。

 俺は欲情したわけではないのだ。こんな女たちの体になど興味はない。同僚に見せて一緒に笑ってやろうと思っただけなのだ。

 

 それで彼女たちにこっそりスマホを向けた。本当に性的な意味はなかった。だが、写真という事実の前では空虚な言い訳にしかならないだろう。

 

 酔いと怒りのせいで、警戒心が足りなかったかもしれない。俺としたことが……。

 

オナニー指令

「スマホ出せっつってんだろ!」

 

 駐車場の隅で、ボブヘアーに尻を蹴られた。まだ途中だった小便がスーツのズボンにひっかかり、情けなくて泣きそうになった。無理矢理小便を止めようとしたが、それは簡単なことではなかった。

 

「てかおっさん、なげぇな」シルバーロングが感心したように言う。

「はは、ウケる。頻尿か。とっととヒニョウキカへ行け」ボブヘアーがもう1度俺の尻を蹴った。

 

 頻尿の意味を間違えている、と思った瞬間に鼻の奥がツンとして涙が出た。妻と娘の笑顔が頭に浮かんだのだ。何とか時間を巻き戻せないものだろうか。なぜ盗撮なんてしてしまったのだろうか。

 

「とりあえず警察呼んどきますか」

 シルバーロングが言い、そうだな、とボブヘアーが同意した。

「こいつが小便終わるの待ってたら、夜が明けちまう」

 

 めちゃウケる、と手を叩いて喜ぶ彼女たちに、ごめんなさい、と頭を下げた。声が裏返った。

 観念するしかなかった。

 盗撮は性犯罪だ。誰も同情なんてしない。仕事も、妻も娘も失いたくなかった。

 

「ごめんなさい出来心なんです、スマホも出します、バキバキにぶっ壊しちゃってください、謝罪の気持ちです、お金も払います、10万くらいで何とかならないものでしょうか」

 

 小便は止まっていた。ズボンの中へ縮み上がったイチモツをしまい、振り返るなり土下座をした。ロックを解除したスマホも差し出した。

 

「家庭があるんです、まだ小学生の娘がいるんです、どうか許してください、出来心なんです出来心なんです出来心なんです……」

 

 彼女たちは写真をチェックした後、ブーツで踏みにじって本当にスマホをバキバキに壊した。

 

「おい、おっさん」ボブヘアーが言った。「おっぱい好きか?」

「はい?」

「答えろ」

「あ、はい。好きです……」

 

 カエデの胸チラばっか撮ってたもんな、とボブヘアーが笑った。シルバーロングの名前はカエデらしい。漢字はとっさに浮かばなかった。

 

「じゃあ、チ○コ出せ」ボブヘアーがニヤリと頬をつり上げた。「そしてシコれ。おっさんが好きなカエデのおっぱい見ながらシコれ」

「え……?」

「早くしろ。誠意を見せろ。話はそれからだ」

「でも……」

 

 誠意と精子をかけたのだろうか、と思いながら俺はシルバーロングを見た。彼女は笑みを浮かべていた。

 バカだ、と内心思った。自分を見てシコれと言われて、どうして笑っていられるのだろう。

 

 だが、俺にシルバーロングを咎める権利はない。そもそもあらゆる権利を有しない。当然拒否権もない。おもむろにイチモツを取りだし、正座したまましごき始めた。

 

 恥ずかしがっている場合じゃなかった。窮地を脱するために、俺は誠意を見せる必要がある。