仰向けに押し倒した彼女の下腹部あたりで馬乗りになり、黒のタートルネックに手をかける。

 俺の勢いにちょっとびっくりしたのか、

「んっ、やっ」

 彼女は体をクネクネさせて身悶えた。

 

 構わず首までタートルネックをたくし上げると、白のブラに包まれたおっぱいが現われた。

 ぷるん、と皿に落ちたプリンのように波打っている。

 その吸い込まれそうな白さに心臓の鼓動がまた一段と早くなる。

 たまらずむしゃぶりついた。

「やんっ、すごい、激しい!」

 

 耳から侵入してきた美しい声が俺の頭の中をかき回す。欲情がスパークする。ブラの隙間から滑り込ませた指先の感覚だけで乳首を探した。

 すぐに見つかる。心ときめく、そこだけ少し固くなった感触。

 指先ではじくと、

「はぁんっ!」

 彼女はビクリと体を震わせた。

 

 フロントフックのブラを外すと、彼女のおっぱいが新鮮な果実のように弾けた。

 両手を使っておっぱいを外側からたぷたぷ揺らした。

 続けて絞り上げるように指を食い込ませると、乳首がピン、とふくれ上がった。

 

「奥さん、エロいよ。エロすぎだよ! 旦那にいつもしゃぶられてるの?」

「旦那のことは言わないで!」

 へそを曲げられると困るので、それ以上旦那の話題は避けることにした。

 

 乳首を固く尖らせた舌先で弾き、舐め回し、吸い上げた。

「アンっ、アァ…もっと、いいわ…」

 もっともっととせがむように、彼女は俺の頭を抱え込み、引き寄せる。顔が彼女のおっぱいに埋まる。両の頬に至福の柔らかさが広がった。甘い匂いがした。

 

 右手を彼女の下半身に伸ばす。太ももを触れるか触れないか、という強さでなでながら、じょじょに秘密の入口へ近づけていく。

 焦れて彼女が身をよじり始めた時、俺の右手は甘い蜜に触れた。

「アンっ! そこっ!」

 すでにトロトロの液を分泌していた。ムッチリふくらんだ秘部を覆うパンティがたっぷり湿っていた。

 俺は女の切れ込みに沿って指先を走らせた。

 

「アッ! もっと、もっと速くコスってぇ!」

 眉を八の字にゆがめ、かすれた声が懇願する。パンティがどんどん濡れて重くなる。あふれる泉の中に埋まる自らの肉凶器を想像しただけで、頭がおかしくなりそうだった。

「んっ、欲しい…お願い…ハァ…」

 

 目がちょっと飛んでいる。よだれが頬を伝っている。

 旦那さんと夜の営みはないのか――危うく聞きそうになったが踏みとどまった。

 現実に帰したくはなかった。セックスは大人のファンタジーだ。こんなエロい人妻と出会えた奇跡。

 

 彼女の足を上げ、純白のパンティを脱がした。とはいえ完全には脱がしたわけではない。右足首に引っかけた状態だ。その方がエロい。

 あらわになった彼女の赤黒い湿地帯。テカテカに光り、ビラビラがひくひくとうごめいていた。

 

「舐めて! お願い舐めてぇ!」

 貪欲な女だ。 

 俺は彼女の中心に顔を寄せ、触れるか触れないかという強さでツルツルの突起物に舌先を添えた。

「ハぁっ、アァっ!」

 過剰なまでに体を弾けさせた後、ドロッ、と液をあふれさせた。ツン、と鼻をつく匂い。濃いメスの匂い。

 興奮しているのが明らかだった。

 

 ビラビラを唇で咥え、引っ張って離す。

 さらにビラビラをかき分けた舌で、中へ中へと這い進む。飛び散った汁は鼻の中にまで入ってきた。

「ダメダメ、あっ、ぁはっ、あぁ……ハァぁっ!」

 太ももまでビクビクと震わせ、俺の顔を挟んでくる。ムッチリした肉感に頬や耳が圧迫される。

 

「お願い、欲しいのっ! 入れてぇ…早くちょうだい…!」

 俺は彼女の中心から顔を離し、そのまま覆いかぶさり、肉凶器を入口にあてがった。すると彼女は腰を動かし、俺の肉凶器を自ら咥え込もうとする。

 腰を引いて焦らしたら、

「あんっ、いじわるぅ!」

 切なげな声。

 何度か同じコトを繰り返してしっかり焦らした後、俺はいきなりぶちこんだ。

「ひあぁっ!」

 

 膣にめりこんだ肉凶器に、彼女は悲鳴のような嬌声を盛大に上げる。そしてその体を大きくのけぞらせる。

 俺は彼女の腰を両手でつかみ、さらに奥まで突き上げた。

「ヒぃっ! アァッ! イヤぁぁっ!」

 

 足首に引っかかったパンティがひらひら揺れた。腋の下のくぼみがに汗がにじんでいた。くっきり浮き出た鎖骨と細い首に長い髪が絡まっていた。

 俺はピストンを始める。最初はゆっくりと、そして徐々に速度を早めていく。

「アンッ、ハァっ、やっ、すごいっ!」

 まとわりついてくる彼女のうねり。

 狭いが伸縮性に優れ、緊張と弛緩を繰り返してペニスに刺激を加え続ける。ペニスをさすり、こすり、ぎゅっと締め上げてくる。

 

 ミミズ千匹――ここまでうごめく女性器は経験がなかった。

 

 俺は何度もヌメリの中に突き刺した。

 ニチャ、ヌチャ、ズシュ。

 そのたびにエロい音が室内に響き、彼女の嬌声に熱がこもる。

「んっ、はぁんっ! アッ……そこ、すごいっ! あっ、アァっ、ハァん!」

 

 俺の動きに合わせて彼女の乳房が波打つ。たわわん、と上下左右に。ランダムに。その大きなおっぱいの揺れが肉凶器にまで伝わってくる。乳首は存在を誇示するように、ツン、と上を向いていた。

「アンっ、ぁぁ、ひぁぁっ! もっと、もっとちょうだいっ!」

 

 俺は彼女の背中に腕を回し、多少難儀しながら抱き上げた。

 対面座位。

 密着度が増す。おっぱいが俺の胸でつぶれる。目の前にある白い首に吸いついた。

 身をよじらせながら彼女が体重を乗せてくる。ふたりでそのままベッドに倒れたが、すぐに彼女だけ体を起こした。

 騎乗位になった。

 彼女の大粒の汗が俺の胸に垂れてきた。

「アンっ、アッ、すごい、アァ!」

 切ない声を響かせながら腰をグリグリと回す。ペニスはコントールを失い、彼女の望むまま、彼女の中で動き回った。