パート主婦が男子大学生とカラオケで怪しい雰囲気に……
あらすじ
「俺、歌が下手なのコンプレックスなんです。歌い方教えてもらえませんか?」と、パート先の大学生にお願いされたので、家事と子どもの世話の合間を縫って、ふたりでカラオケボックスに。全然そんな気はなかったのに、まだ昼間だったのに、お酒も入って変な雰囲気に……。監視カメラあるけど大丈夫!?

 

ゴツゴツとした淳君の腹筋

 ~君だけを~愛してる~♪

 

 調子が外れた歌声。

 笑っちゃう。

 けど、淳(じゅん)君の顔は真剣そのものだ。

 せっかくかわいい顔してるのにな、と岩本真菜(いわもと・まな)は残念に思う。この歌声を聴いて気持ちが冷めちゃう女の子だっているかもしれない。

 

「どうですかね?」

 流行りのバラードを歌い終えた淳君が、モニターの前から不安そうに見つめてきた。

「そうだね、口だけで歌おうとしちゃってるから、もう少しお腹から声を出すように意識するといいかも」

「お腹ですか……」

「そ。腹式呼吸ってやつ」

 

 マイク片手にお腹をふくらませたり、引っ込めたり。深く息を吸ったり、吐いたり。淳君は腹式呼吸の練習を始めた。

 いい子なんだけどな。いい子なんだけど、やっぱり惜しい。基本的に淳君は不器用な子だった。腹式呼吸さえ上手にできない。

「いやいや、もっとこう、力を抜いて」

 真菜は焦れて立ち上がり、淳君の隣に立った。そして、彼のお腹に手をあてた。

 

「こうですかね?」

 淳君が腹式呼吸をするたびに腹筋が動く。意外と固いその感触にドキリとした。Tシャツの上からでも分かる、ゴツゴツした手触り。彼が呼吸を繰り返すたびに、それがうごめく。

「もっと、大きく呼吸して……」

 思わずそんなことを言ってしまった。

 

 真菜が旦那以外の男性の体に触れるのは、ずいぶん久しぶりのことだ。もっとナヨい男の子かと思っていたのに。

 彼の筋肉が動くたびに鼓動が高鳴る。この感情って、何だっけ?

 そんなことを考えつつ、真菜は淳君の顔を見上げた。キレイな肌だな、と思う。ぱっちり二重でまつ毛も長い。唇は血色がよく、ツヤツヤしている。

 腹筋だけでなく、淳君の顔にも触れてみたいな、と内心思った。

 

パート先の大学生

 真菜が淳君と知り合ったのはパート先だ。

 

 真菜には旦那と7才になる息子がいるが、息子が小学生になり、ぐっと手がかからなくなるのと同時にチェーンの定食屋で働き始めた。半年ほど前のことである。真菜が31を迎えた直後のことだった。

 仕事は楽しかった。主婦仲間のおしゃべりも、今時の若い子たちとのコミュニケーションも新鮮だった。

 

 淳君は同じお店のアルバイトだ。

 大学生の彼と真菜の接点は、週に1度だけ訪れる。

 まるで戦場のような金曜日のランチタイムを切り抜け、3時に上がって従業員控え室でお茶を飲んでいると、彼はひょっこり現われる。

 

 ウェーブのかかったブラウンの髪がふわふわした背の高い細身の男の子。チャラチャラしていそう。女の子を泣かせていそう。

 それが彼の第一印象で、決していいイメージではなかった。

 いつも入れ違いになるだけなので、挨拶を交わす程度の距離感だったが、先日開催された職場の飲み会で初めてお話をした。

 

 それまで持っていたイメージはすっかりくつがえった。

 

 真菜が適当に繋いだ言葉(例えば趣味を聞いたり学部を聞いたり)でも、彼はちゃんと考え、言葉を選んで誠実に答えてくれた。もちろん、好感度が一気に上がったのは言うまでもない。

 

 そして、二次会は定番のカラオケ。

 みんなに促され、真菜は1曲披露することになった。歌には自信があった。少し前にヒットしたポップスを声量たっぷりに歌い上げると、大歓声に包まれた。リクエストもあり、結局、続けて3曲も披露してしまった。

 

 淳君の歌声も聴いてみたかったので真菜はマイクを握らせたけど、

「いや~、俺はいいっす。岩本さんの後はキツいっす!」

 かたくなに拒むだけだった。

 その時は深く考えなかったけど、そうか。音痴だから恥ずかしかったんだなって、 今になって思う。

 

大学生相手にパート主婦の見栄

「ふぅ~、ちょっと休憩」

 淳君はモニターの前から離れ、真菜の隣のソファに腰を降ろした。

「あ、ここはもちろん俺のおごりなんで、じゃんじゃん飲み食いしてください」

 

 今までは何とも思っていなかったのに……。

 逞しい腹筋を触ったことで、とたんに異性として意識してしまった。

 簡単に触れることのできる彼との距離感にドキドキしていた。

 

「そ、そうね、じゃあ遠慮なく」

 メニューに手を伸ばしたら、同じくメニューを取ろうとした淳君の指先に触れた。真菜は慌てて手を引っ込めた。

(若い子じゃないのに何今の反応!)

 これでは意識しているみたいだ。自分をふがいなく感じた。それで少し、真菜は大人っぽいところを見せようとしてしまう。

 

「ねえ、飲んじゃう?」

 大人、といってもカラオケボックスで張れる見栄などその程度だった。しかし、主婦なのに年下の大学生と昼間から、という背徳感は余裕のある大人の女って感じでなかなかいい。

「いや、俺飲んじゃうと音痴に拍車かかっちゃうし……」

 戸惑う淳君の肩に真菜は手を添えた。「少しくらい大丈夫でしょ。フリードリンクには含まれないから、お酒の分は私が出してあげる」

 

「あ、いや。俺、払いますよ。岩本さんの貴重な時間、俺のために使わせちゃってるの変わんないし」

「そう?」主婦としては、出費が減るのは単純に有り難い。

 

 ふたりは一緒にメニューを見て、飲むお酒を決めた。ふたりともハイボールにした。メニューを選んでいる間、淳君の顔が近かったけど、真菜はもう避けたりしなかった。