人妻の私に、娘の同級生の男の子がエッチなお願い
あらすじ
いつも家に遊びにくる娘の同級生の男の子。亮君。てっきり娘のことを好きで遊びにきていると思ったのに、亮君は人妻の私におっぱいを触らせて欲しいとお願いしたきた。この年になって、こんなキレイな顔をした男の子に求められるとは。これから先、私たちはどうなっちゃうのかな……。

恋なんてもう忘れてた

「お母さん、今日もきれいですね!」

「はいはい、大人をからかうんじゃないの」

「本当ですよ。まじでまじで!」

 俺……とそこで亮君は口ごもり、もじもじ体をくねらせた後、「おっぱい触らせてもらえませんか?」とふいに言った。

 

 冗談――と私は受け止めた。

 

 下の毛が生え揃っているのかも疑わしい男の子が、40を越えた人妻の体に興味を抱くはずがない。

 私のひとり娘である麻衣のことを好きで、だから亮君はちょくちょく我が家に訪れてくるのだろうと、この時点では決め付けていた。

「いいよ。1分、100円ね」

 だから……。

 冗談めかしてそう答えた。

 

 それなのに亮君は顔をかっかと赤くして、鼻息を荒くして、慌ててズボンのポケットをまさぐり、100円硬貨を2枚差し出してきたのだった。

「今、これしかないから。2分、だけだね……お母さん」

 恥ずかしそうに小声でつぶやくその唇が、カサカサに乾いている。明らかに緊張している。

 勇気を絞り出したんだな、と思ったら断れなくなってしまった。

「本気で言ってんの? おばちゃんだよ?」

「そんな風に……俺は思ってないよ……」

 

 亮君の真剣な表情にきゅんとなった。久しく感じることのなかった感覚。

「お金なんてもらえるわけないでしょ。今日は特別サービス。てか、今日だけだよ。ほら早く。麻衣が帰ってくる前に……」

「う、うん……」

 柔らかい午後の陽が差し込むリビングで、娘の同級生である男の子はイスに座る私の背後に立ち、私の肩越しに腕を延ばしてきた。

 

 もぞもぞ――。

 

 遠慮がちにセーターの上から私のおっぱいをつかむ。そのぎこちない動きが新鮮でゾクリとする。

「もっと…強くしても、いい?」

 彼の問いにどう答えればいいのだろうか。黙っていると、動きがだんだん激しくなってきた。

「や、やわらかい……」

 

 唐突に両の乳首を同時につままれ、ビクリと身体が震えた。

「ちょ、んっ…」

 油断していた。でもこんな展開は想定外だ。ノーブラだったことを後悔した。亮君の息が加速度的に激しくなる。

「生で……触ってもいい?」

「それはだめ……よ……」

「まだ1分残ってるから!」

 すっかり興奮してしまった彼にブレーキは効かない。いきなりセーターをたくし上げられ、おっぱいを剥き出しにされた。

「いやっ!」