兄貴に処女を捧げる好きな女の子。僕はベランダでそれをのぞき見る
あらすじ
ずっと好きだった女の子、同級生の咲良が、今、隣の兄貴の部屋にいる。僕はその様子をベランダからのぞき見ている。咲良の太ももを兄貴の手がなぞり、おっぱいに舌が這う。見たくないのに目が離せない。そしてついに、咲良の処女が兄貴によって――。※やや胸糞です

 

のぞきなんてしたくないのに…

 軽い気持ちだった。

 大学生の兄貴に合コンをセッティングするよう半ば強引にお願いされ、合コン経験なんてない僕は困って、同級生の藤川咲良(ふじかわ・さくら)に相談してみた。

 そしたら、

「いいよ。セッティングしようか? 何人呼ぶ?」

 咲良は笑顔で応じてくれたのだった。

 

 助かった。顔が立つ。

 その時は、その程度にしか思わなかった。

 実は僕は彼女をことをずっと思い続けていた。

 学年で1、2を争う美少女である咲良が僕を選ぶことはあり得ないと、最初からあきらめてはいたけれど、彼女とたまに言葉を交わすだけでも幸せだった。

 だから、咲良とメシを食ったりカラオケではしゃいだりするのはどんなに楽しいのだろうと、合コンを心待ちにさえしていた。

 

 僕はバカでウブで徹底的に浅はかだった。

 本来合コンの目的は、「彼女を作ること」あるいは「ヤルこと」。

 今となっては兄貴の本心なんてどうでもいいが、そんな基本的なことにも思い至らないまま、僕は合コンに参加した。

 

 男のメンバーは僕と兄貴と兄貴の友達。

 女は咲良と咲良の友達ふたり。

 3対3。

 最初からカラオケだった。

 普通のカラオケボックスより、広くてお洒落で照明も優しくてソファもフカフカで、メニューにローストビーフなんか出てきたりして、高級感が漂っていた。 

 

 咲良を見たとたんに兄貴が目の色を変えたのを感じ、ああ、ヤバイな、とやっと察知したけれど全ては手遅れだった。

 兄貴はイケメンで背が高く、女性慣れしていて、バイトをしているので少なくとも僕よりはお金を持っているし、少なくとも僕より世間を知っていて話が面白かった。

 

 僕が兄貴に勝てる要素なんて全くなかった。

 それなのに、合コンの最中、咲良はずっと僕の隣にいてくれるものだと勝手に思い込んでいた。愚かだった。

 

 合コンで兄貴と話す咲良の表情は、僕が今まで見たことがないものだった。

 頬を染め、耳を赤くし、はにかんだ笑みを浮かべ、何秒間も真っ直ぐに兄貴を見つめながら流行りのラブソングを歌ったりした。

 胸が苦しくてローストビーフには手を付けられなかった。咲良とはほとんど言葉を交わさないまま4時間くらい経過して、その場はお開きになった。女子はお金を徴収されなかった。そして、僕も。

 

 兄貴にとって僕はただの仲介者だった。ありがとな、と店を出る時にお礼を言われた。僕は屈辱で唇をかんだ。

 散会する前にみんなでグループチャットを作ったけれど、その後、兄貴と咲良はきっとふたりでやり取りしていたのだろう。そう思うだけで眠れない夜が続いた。

 

 そして……。

 合コンから2週間ほどたった今日という日。日曜日の夕方。

 隣の部屋には咲良がいる。

 兄貴の部屋で、兄貴とふたりきりで……。

 僕は……。

 その様子を……。

 知りたくないふたりの様子を……。

 わざわざマンションのベランダに出て……。

 カーテンの隙間からのぞいている。

 

咲良の白い体

 最初は楽しげに会話をしていたふたりだった。

 頼む頼む頼む、そのまま時間だけが経過してくれ。 

 そんな僕の切実な願いは届かなかった。

 

 兄貴がベッドの上におもむろに横になって咲良を手招きした。

 咲良は戸惑う様子を見せつつも、ベッドのふちにちょこんと座った。何度も髪を撫でつけ、緊張しているのが明らかだった。

 そんな咲良に兄貴が手を伸ばし、腰に腕をからめて抱き寄せた。

 咲良はバランスを失ったように兄貴の隣に倒れた。

 白いワンピースのスカートがめくれ、太ももがあらわになった。まぶしいくらいに白い。ワンピースよりも、白い。そう感じた。

 

 兄貴はその白い太ももに!

 手を……大きな手を……這わせた。

 2度、3度と撫でる。

 咲良は恥ずかしがって顔を手で隠す。

 そんな咲良の手を兄貴は優しくどけて、上から顔をのぞき込んだ。

 

 地震でも起きて欲しい!

 このままだとふたりは……キスをしてしまう!

 祈りを込めて目を強く閉じた。

 1秒、2秒、3秒……。

 しかし、待ったところでタイミングよく地震なんて起こるはずもなく。僕は目を開けた。

 

 ふたりは見つめ合っている。たっぷり視線をからめ合わせている。

 兄貴が何かひと言、咲良に声をかける。咲良は小さくうなずいた。

 兄貴が咲良に顔を寄せる。咲良が目を閉じる。そして、ふたりの唇が重なった。

 

 助けてくれ! 

 誰か助けてくれ! 

 胸がつぶれそうだ!

 苦しい!

のぞきなんて本当はしたくないんだ!

 

 兄貴と咲良の口がもごもごと動く。ふたりの舌が見え隠れした。地獄のように長いキスだった。

 地獄はまだ終わらない。

 濃厚なキスを続けながら兄貴の手がスッと咲良の胸に伸びた。まだ発展途上の控え目な胸。ワイシャツから透けて見える下着に、僕はいつも胸をときめかせていた。触れたくても決して触れることのできなかった2つのふくらみ。それを兄貴は、何の躊躇もなくまさぐる。

 

 乳首に触れたのかもしれない。咲良が身をよじった。

 兄貴はワンピースを肩から脱がせ始めた。

 白の清潔なブラジャーが見えた。そのまま兄貴の手は咲良の背中に回り、

 ハラリ。

 ついに咲良の、太ももと同様に、いや、それ以上に白いオッパイがあらわになった。

【素人ギャル達のお部屋にライブカメラを設置・リアルのぞき体験「ギャルズアパートメント」の詳細チェック(サイト外)】