【NTR】息子の嫁、その豊満な体に触れたくて
あらすじ
今夜夜這いをする――息子の新妻である美里さんに、密かに憧れていた。細く長い髪をいつも触りたいと思っていた。白い肌に触れたいと願っていた。だが、そんなことは許されるはずがない。と、頭では分かっていたのだが……。偶然、美里さんの弱みを握ってしまったことで、欲望が暴走を始める。※全編と後編に別れています。こちらは前編です。

 

夜這い・始まり

 この日を待っていた。

 坂井俊夫は高鳴る胸の鼓動を抑えながら、そっと寝室のふすまを開けた。自分の寝室ではない。今年27になるひとり息子の蒼太とその新妻、美里さんが枕を共にする部屋だ。

 

 深夜の1時。

 

 室内の明かりはすでに落ちていた。だが、空気はピン、と張り詰めている。緊張感が漂っている。

 起きている。美里さんは眠りに就くことができずに、息を潜めている。自分に降りかかろうとしている災いを遠ざけようとして眠ったふりをしている。

 

 そう確信した。

 

「美里さん。今日はやっと、ふたりきりになれたな」

 返事はなかったが、息を呑む気配があった。かまわず続けた。

「バカ息子が出張で、家を空けるのを俺は待っていたんだ。美里さん。アンタも同じ思いだと嬉しい」

 

 やはり返事はない。俊夫は室内に足を踏み入れ、ふすまを閉めた。カーテンの隙間から月明かりがかすかに差し込んできていた。シャンプ-だろうか。甘い香りがそこはかとなく漂っている。

 

 美里さんが洗髪するところを想像した。濡れた髪の毛先から、したたり落ちるシャワー水が、血管の浮き出た足の甲を叩く。 

「美里さん。起きてるんだろう? この前はびっくりしたよ。まさか旦那というものがありながら、他の男とキスするなんて」

 部屋の中ほど。こんもり膨らんだ布団に向かって俊夫は話しかけた。それは、数日前に目撃した出来事についてだった。

 

 俊夫はその日、とある居酒屋にいた。

 中小企業ではあったが、部長という社会的立場を捨て、リゾート地でペンション経営に乗り出すという男の送別会だった。

 いわゆる脱サラ。男は夢や希望だけを語り、現実を見ているようには思えなかった。愛想笑いを浮かべるだけのつまらない酒。こんな夢見がちな男の下で働いていたのかと思うと、虚しさが込み上げてきた。

 

 俊夫は引き続き、ふくらんだ布団に向かって話しかける。

「なあ、美里さん。いくら酔ってたとはいえ、アレはまずいよな。蒼太に知られたら、アンタ、離婚されてしまうよ。蒼太はカタブツだからな」

 

 つまらない酒が一変したのは、トイレから戻る途中、仲間と歓談する美里さんを見つけた時だった。乾いた心にスーと水が染み込んでくるような感じがした。

 男女15人くらいの一団。みな、同じくらいの年齢だった。同窓会か何かだろうか。あまりに楽しげで、声をかけることを躊躇した。

 

 美里さんは隣に座る男との距離が近い。肩と肩が触れ合いそうな距離で――いや、実際に触れ合いさせながら、耳元でささやいたり、笑顔を交じり合わせたりしていた。

 その時は結局、声をかけられなかった。俊夫は嫉妬をしていたのだ。彼らは若かった。自分が老人に向かっていることが、切なかった。

 

 俊夫は話しかける。

「あの時、俺と遭わなかったらアンタ、どうなってた? あの男としけこむつもりだったんじゃないのか?」

 

 美里さんがあの若くてチャラチャラした男と……。

 キスをしたのは彼女たちが散会した後だった!

 

 美里さんが店を出た時、俊夫たちの下らない会はまだ続いていた。俊夫はトイレと偽って美里さんの後を追った。

 酒を飲むと同年代はみな、トイレが近い。多少戻るのが遅くなっても誰も気にしない。

 外に出ると、美里さんは若い男に手を引かれ、路地裏に入って行くところだった。ドキドキしながらふたりが消えた路地裏を覗き込むと、

 

 ――だめ、旦那がいるのに。

 ――いいだろ。学生の頃みたいにさ。な。

 ――あの頃、楽しかったね。懐かしい。

 ――今でもおまえのことを思い出す。

 

 そんな甘言にまんまと乗せられた美里さんは、その男と唇を重ねた。最初は軽く、やがて激しく。

 

 興奮した若い男は!

 あろうことか美里さんのたわわな果実をつかんだ!

 手の平に収まりきらない乳房に力を加え、その形を何度も何度も変形させやがった!

 

 俊夫はその時、怒りに拳を震わせながら、路地が行き止まりであることを確認して踵を返した。そしてふたりを待ち伏せた。偶然遭ったことを装うために。

 ふたりはすぐに路地裏から出てきた。美里さんは俊夫を見て、目を大きく見開いた。そしてつぶやいた。お義父さん……、と。

 俊夫は何も言わず、さげすみの目を美里さんに向けた。

 

「美里さん、あんたがキスをしたって、あの時、すぐに分かったよ。アンタの口紅は乱れていたし、男の口にも口紅が移っていたからな。なあ、美里さん。俺は息子には言わないよ。アンタが好きなんだよ。離婚して、一緒に暮らせなくなったら寂しい。アンタの手料理が食べられなくなるのは悲しい」

 

 俊夫は暗い部屋の中を、足を引きずるように歩き出す。

 ザッ、ザッ、と畳をこすらせながら。

 そして布団の前に立つ。美里さんは頭まですっぽり布団をかぶっている。この中に彼女がいる。恋こがれた息子の嫁がこの中にいる。

「なあ、美里さん。一緒の布団に入ってもいいよな?」

 

 その場にしゃがみ、俊夫は布団の端を少しだけはぐ。温かい空気がもやっ、と広がり、丸まった背中が見えた。右半身を下にして横になっている。身に付けているのは淡い黄色のニットだった。パジャマに着替える前に俊夫の気配を察知して、慌てて布団をかぶったのだろうか。

 

「美里さん、入るよ」

 宣言して、俊夫は足先から布団の中に体を滑り込ませた。

「だめ、です……」 

 美里さんの可愛らしい声を、やっと聞くことができた。彼女の肩は小刻みに震えていた。

【無料で試せるセクシー生ラブチャット♪(サイト外)】