【11月14日までの大盤振る舞いをチェック!】

TENGA SPINNER【テンガ スピナー】シリーズ

テンガスピナーシリーズは、スパイラルパーツと呼ばれる新構造による素材の伸縮により、上下にストロークさせるたびに強力な「ひねり」が発生する。ぷるっぷるの素材が回転して全体をぬかりなく刺激し、未経験のオナニー体験を味わうことができる逸品

 

当シリーズには青、赤、黄色の3種類があり、素材の硬度、刺激の強弱、内径などがそれぞれ異なるため、自分によりフィットしたモノを選ぶことが可能。

従来の一回使い切りテンガと比べると、洗って繰り返し使えるため経済的だが、ローションは1回分のみが同梱されているため、別途購入する必要がある。

定番のテンガシリーズ。至高の射精感を求めるなら必携の製品である。

 

ただし。

刺激の強度だけでいえば本物の女性器より上。ひねりなんてちょっとあり得ない動きに、あまり陶酔してしまうと女性器での満足感が低下するかもしれない。

ハードローテーションするのではなく、ほどほどの使用がおすすめ。

 

1TETRA(テトラ) 連続リブが滑らかに波打つマイルドエッジ

【FANZAで詳細を見る】

スペック:硬度Lv3、刺激Lv3、内径Lv4.5

ローションはTENGA SPINNERに最適なTENGA HOLE LOTION [ REAL ]が1回分同梱されています。

 

2HEXA(ヘキサ) 鋭い突起がシャープに攻めるニードルエッジ

【FANZAで詳細を見る】

スペック:硬度Lv4、刺激Lv4.、内径Lv3.5

※ローションはTENGA SPINNERに最適なTENGA HOLE LOTION [ REAL ]が1回分同梱されています。

 

3SHELL(シェル) 扇形のブロックがタイトに締めるダイレクトエッジ

【FANZAで詳細を見る】

スペック:硬度Lv4.5、刺激Lv4、内径Lv3

※ローションはTENGA SPINNERに最適なTENGA HOLE LOTION [ REAL ]が1回分同梱されています。

テンガのローションは専用が必要か

正直言うとどれでも使えるかな、という気がする。

というよりは大差がない。どのメーカーのモノを使っても同じく気持ちいい。

 

ローションによって硬度や粘度は変わってくるため、自分に一番フィットしたモノを使用するのがいいと思うが、最初はテンガ専用のローションを使用し、それから自分にフィットしたモノを選んでいくというのも手だとは思う。

1TENGA ホールローション リアル 【HOLE LOTION REAL】

【FANZAで詳細を見る】

 

テンガの革新性

オナホールはずっと以前からある。

購入したばかりのプルプルシリコン素材にローションを流し込むだけで、エグい快感が待っていることは昔から容易に想像できたが、しかしオナホールには重大な欠点があった。

 

女性器に似せ、生々しさを売りにしていたことで、それを使用することの「引け目」や「うしろめたさ」を払拭できなかったのである。購入する場所も「大人のオモチャ」屋などの対面販売が主流で、入店するだけでも少し勇気が必要だった。

実際に購入し、使用してみるまでに心理的負担があったのだ。使用までの一歩を踏み出さない人は多かった。(と思われる)

恐らく各メーカーも、そんなものだと割り切り、コアなファンが満足できることを重点に置いて製造していたのではないだろうか。

 

テンガの革新性は、この心理的負担を顕著に軽減させたところにある。

 

発売は2005年。

当時から見た目がスタイリッシュで、とてもソロ活動グッズとは思えないものだった。インターネットの爆発的普及を支える常時接続時代に突入していたこともあり、通信販売で気軽に購入できたこともテンガの知名度向上に一役買ったことだろう。

今ではタマゴ型のものや、携帯に便利な小型のもの、あるいは女性用のローターなど、「引け目」を感じさせない新しい製品が次々と開発されている。どのみちソロ活動に時間を費やすのなら、貪欲に快感を求めた方が人生はよりハッピーである。