【リベンジは騎乗位で】取引先に僕をイジメてた女がいたから屈服させてやった
あらすじ
高校の頃、僕をイジメてた高木真由の弱みにつけ込んでリベンジ。彼女は屈辱に震えながら僕の尻の穴をペロペロするしかなかった。もちろん、リベンジはそれだけじゃ済まないけど……

 

イジメの立場逆転

「ちょっとぉ、やめてくださいよぉ~」

 上がる語尾に媚びが含まれていた。震える肩先は屈辱。強く握った拳は怒りといったところか。

 僕に突き飛ばされ、床に倒れ込み、色んな感情がごっちゃになって笑ってるんだか泣いてるんだかワケワカメな表情をしている女――高木真由は、俺が高校の時のクラスメイトだ。

 

 僕は真由にイジメられていた。

 

「あれあれ? 昔とずいぶん態度が違くないですか? ナヨいとかキモいとか、僕を散々バカにしてたクセに!」

「あの、昔のことなんで、あの頃は私も幼かったと言いますか……」

「言葉だけじゃなかったですよね? みんなの前でジャージのズボンいきなりズリ下げたり、男子トイレまで入ってきてバケツで水かけたり、おちおち用も足せなかった」

「本当にごめんなさい。反省してます、許してください!」

「そういえば、土下座させられたこともあったな」

「え?」

 

 あれは体育の授業でサッカーをした後の休み時間だった。

 スポーツが苦手な僕は目立たなぬようフィールドの隅でコソコソ動き回っていた。勝敗には直接関わっていないのに、負けた責任を僕が背負わされた。

 それで、させられた。

 クラスのみんなの前で深々と頭を下げさせられた。屈辱と羞恥と親への申し訳なさで涙をこらえるのが精一杯だった。あれから5~6年たったのに、今でもはっきり覚えている。忘れたくても忘れられない、苦い苦い過去。

 

「本当に反省してるなら」僕は真由を見下ろしながら言った。「誠意を見せて欲しいんですよ。うちに出入りしたい業者は他にもいるんでね」

 

 僕は大手自動車メーカーの総務部で働いている。地方の工場だ。そして真由はうちの会社に出入りしている仕出し弁当の職員だった。

 昼前に届いた弁当が20個も不足していたので、クレームを入れたらすぐに弁当を持って駆けつけてきたのが彼女だ。まさかの再会。真由が担当だなんて知らなかった。真由もかなり驚いていた。

 偶然の再会は立場の逆転を意味していた。思わぬ形でめぐってきた復讐の機会に血がたぎった。平謝りする真由を会議室に連れ込み、カギをかけたのが5分ほど前のことだ。

 

「うちとオタクの仕出し弁当、長い付き合いですよね。取引なくなったら困るんじゃないですか?」

「そ、それは…それだけは許してください!」

「だから誠意を見せてくださいって」

 

 観念したのか、真由はその場にひれ伏した。「どうか…お許しください…取引なくなったら私、会社にいられなくなります。どうか、どうか! お願いします!」

 

 深い深い土下座だった。

 悦びで震えた。

 ピッチリしたスーツ姿だった彼女の尻が突き出ていた。

 高校の頃、真由はツインテールの似合う圧倒的美少女だった。彼女がイジメをしているなんて、大人たちは誰も信じなかった。

 やましい気持ちが湧いた。

 僕は勃起した。

 イジメを受けるようになってからは、彼女をレイプする想像をしてマスをかくのが僕の日課だった。

 

屈服フェラ

「顔を上げてくださいよ、真由さん」

 僕は勃起していることを隠さなかった。顔を上げた彼女は僕の隆起を見て、ハッとした表情を見せた。

 

「土下座だけ?」僕は言った。

「と、言いますと……」真由の声は震えていた。

「御社の誠意って、土下座だけなんですか?」

「あの、これ以上どうすれば……」

 

 僕は何も言わなかった。ただ、こんもりふくれ上がったスラックスの部分を、真由の顔の前でフリフリした。

 

「………」

 会社のこと。親のこと。あるいは彼氏のことや結婚のことまで考えたのかもしれない。真由はしばらく押し黙っていたが、逃げ道はないと判断したのだろう。おもむろに俺の肉棒をスラックスの上から握った。しばらくさすってから、カチャカチャとベルトを外し、スラックスとパンツを降ろした。

 

「………」

 それでも最後に躊躇したようだが、とうとう僕のむきだしを口に咥えた。

 舌がエラに絡みつき、ヌチャ、ジュル、とイヤラシイ音を立て始めた時、僕の肉と心が快感で震えた。

 

 やった!

 やってやった!

 ついに僕は僕をイジメていた真由を屈服させたんだ!!

 

 フェラチオの最中に肉棒をグイッ、と押し込んでやったら、

「ぐっ、うぅ…」

 真由は苦しそうにえずいた。

 さらにグリグリと押し込んだら、その目に涙がにじんだ。

 

 嬉しくて気持ちよくてすぐにイキそうになってしまい、真由の口から肉棒を引き抜いた。抜く時に歯がエラに引っかかってチクリと鋭い快感が走ってヤバかったが、どうにか踏みとどまった。

 出来るだけ最大限の屈辱を与えたい。

 そう思った僕は黙ってテーブルの上に乗り、仰向けになった。

 

「あのぅ……」

 戸惑う真由に、よろしく、と僕は言った。「尻の穴。とても気持ちいいらしいんで」

 顔色を失う真由。

「あ、僕だけこんな格好ってのもアレなんで、真由さんも脱いでください。全部ですよ、全部。すっぽんぽんになった上で舐めてくださいね」

 

 イヤです、と彼女は涙声でつぶやいた。イヤです、お願いです、もう許してください、そんなところ舐めるなんて無理です、許してください。

 

「それ、僕もあの時言いましたよね? 土下座しながら何度も何度も許してくださいって。なのに真由さんはケラケラ笑って、ダセーとかキモいとかウケルとか言いながら手を叩いて喜んで、僕の頭踏みにじりましたよね? さあ、早くしてくださいよ。お互い仕事、まだ残ってるでしょ?」

 

 真由は大粒の涙をこぼしながらスーツの上を脱ぎ、ブラウスのボタンに指をかけるしかなかった。

【無料ポイントでエッチな女の子とのFANZAライブチャットを試してみる(サイト外)】