【タイムスリップ】昭和の団地妻は乳首が黒ずんでてエロかった!
あらすじ
バブル景気前夜、ヤクザ者だった俺は、ベッドタウンに住む団地妻から借金を取り立てようとしていた。その団地妻は、中学時代憧れていた女教師だった。

 

団地のダイニングキッチンにて

 1984年――

 

 空前のバブル景気前夜。

 まだ、翌年に大阪の弱小プロ野球球団が優勝するコトを誰も知らなかった頃、郊外にある団地の一室、ダイニングキッチンで、ひとりの女が奈落の入口に立たされていた。

 

「知らない! あの人のコトなんて私の知ったことじゃない! 帰って! 帰ってよもう!」

 

 右肩上がりの経済成長を続けていた日本ではあったが、どれだけ国が豊かになろうと所詮経済は弱肉強食の世界だ。圧倒的強者の影には常に弱者が存在した。

 

「ちょっと離しなさいよ! さっさと帰んないと警察呼ぶわよ!」

 

 女の名前は小川琴美(おがわことみ)。その悲痛な叫び声は琴の音とは似ても似つかない。掃いて捨てるほどもあるような不幸話を、琴美は抱え込んでいた。

 

 琴美の夫は酒とギャンブルに溺れ、借金を重ね、妻と子どもを捨てて逃げた。その肩代わりを琴美が背負わされることになり、カタギではない者から借金返済を迫られるようになった。

 

 今、琴美の腕をつかみ、強引に金を取り立てているカタギではない者――加藤真之介、それが俺だ。

 

「先生さ、俺たちに言ったよな? 悪いことをしてはいけません。借りた物はちゃんと返しましょう。そう言ったよな? 俺だって先生にこんな手荒な真似したくねぇんだわ」

「ないモノはないの! お願い許して……」

 さっきまでの威勢はどこへやら。琴美は俺の腕にしがみついてきた。おっぱいが当たった。心躍る柔らかい感触だった。同時に苦い思いも込み上げてきた。

「おい、子どもが見てるぞ」

 

 琴美は、俺が中坊だった頃の音楽教師だ。美人で聡明で優しくて、男子生徒の憧れの的だった。授業中の歌声は今も胸の中に残っている。本当に琴をはじくような、エレガントな歌声だった。

 

 俺が卒業する前に、琴美は退職した。結婚退職だ。青年実業家と結ばれたのだと、母親たちが噂していたのを聞いた。裏切られたような気持ちになった。俺は琴美が好きだった。

 

「金持ちと結婚したんじゃねえのかよ?」

「ダマされたのよ! 私と一緒になった時には、すでに事業は傾いてたんだから」

「のぼせ上がるからだ。みっともねぇな」

 

 琴美はキッ、と俺をにらみ、何か言いかけたが結局は口をつぐんだ。代わりにおっぱいをグイグイ押しつけてきた。

 

「私、もちろん覚えてるよ。真之介君のこと」鼻にかかった、甘ったるい声だった。「ねえ、聞いてもいい?」

「何だよ」

「怒んない?」

「怒んねえよ! 早く言え!」

「もう怒ってるぅ~」

「チンタラしてっからだ!」

 琴美は肩をすくめた後、あのね、としなを作り、俺を上目遣いで見上げてきた。「真之介君、私のこと好きだったでしょ? しょっちゅう目が合ったもの」

 

 安っぽい色仕掛けだ。着ている服まで安っぽい。琴美はところどころほつれた、淡いブルーのワンピース越しに、おっぱいだけでなく、体全体を押しつけてきた。

「情けねえな」俺は吐き捨てた。「だったら何だってんだ! 俺が好きだったのはあの頃のアンタだよ! 落ちぶれて、幼い子どもの前で男に色目使って、恥ずかしいと思わねえのか!」

「そんなコト言ったってしょうがないでしょ!!」琴美はヒステリックに叫んだ。「こっちだって生きるのに精一杯なだよ! アンタなんか、アンタみたいな人の生き血をすするヤクザ者に何が分かるんだよ! 子どもにだけは苦労させたくないんだよ!」

 

 一通り吠えて琴美は力尽きたのか、その場にへたり込んだ。その様子を見て、獰猛な気持ちが湧き上がってきた。

 憧れの人。聖職者。あの頃の凜とした佇まいはもはや、幻想でしかないようだ。パサついた髪と後れ毛。体も重力に抗えなくなっている。二の腕がタプタプ揺れている。金に翻弄され、疲弊した昭和の団地妻。

「俺さ、先生でよくマスかいてたぜ。音楽室で先生を犯すところ想像して、バックから何度も何度もぶっ刺した」

 

 琴美は生気の抜けた目で俺を見上げた。ワンピースの胸元がぱっくり開いていた。貧相な乳。浮いたブラジャーの隙間から伸びきった乳首が見えた。俺は劣情に突き動かされ、彼女に下半身を突き出した。

「借金はチャラにはならねえ。だが、一週間だけ待ってやる。先生がプライドを捨てられるならな」

 

 琴美はちょっと待って、と子どもを奥の部屋に連れていき、すぐに戻ってきた。そしておもむろに俺の股間をスウェットの上からさすり始めた。

 すぐに琴美が口角をつり上げる。ペニスがすでに固くなっていたからだ。

「イケナイ子……私にどうして欲しいの?」

「吹いて欲しい。あの音楽室で、笛を吹くように。先生……」

 

 けたたましいほどのセミ時雨。夕日が差し込む木造の音楽室。使い古した黒板。きしむ机。窓の外で揺れるプラタナス。そんなイメージがよみがえった。

 俺はあの頃に戻っていた。ただ琴美に憧れ、でも遠すぎて触れることも適わなかったあの頃に――。

【にっかつロマンポルノなど、昔懐かしの名作映画が見放題・FANZAピンク映画チャンネルの詳細を確認(サイト外)】