美谷朱里さんと不倫旅行で生中出しお願いされちゃうVR

 

イチャラブ系の作品(サイト内)で私を骨抜きにしたあかりん(美谷朱里)が、ついにとどめを刺しにきました。

 

イチャラブ甘々同棲生活作品から、今回は不倫旅行へ。しかもお別れの旅路。最後の思い出。そのつもりだったのに……というシチュエーション。

健気な若い女の子。温泉。浴衣。うなじ。美味しい食事。ほろ酔い。別れたくないと上目づかい。

危険です。

バーチャルな空間に心を置き忘れたくないひとは絶対に観るべきではありません。思うツボです。

アナタのコンドームを外して中出しを求めてくるあかりん。確実にオジサンを殺しにきています。

 

VR的特徴

コンタクトは確認できませんでした。

尾てい骨周辺の血管がほんのり透けて見えるシーン。

 

左ワキの上にあるホクロにやや立体感。アップになると際立つ彼女の胸元の白さ。

お腹も白い。

快感で反り返るカラダ。

反り返る首の白さも目にまぶしい。

 

陰毛の面積は広くないですがやや硬そう。

左のヒップにできもの?

 

アナルはそんなに描写されませんでした。

【VR】最後と決めたけど、ナマで出していいから私、この関係を続けたい… W不倫中出し温泉旅行・みたにあかり

レーベル:本中-VR
品番:hnvr00068
FANZA独占配信
100分

【VR】最後と決めたけど、ナマで出していいから私…(FANZA)

 

なんでもかんでも、どんなシチュエーションでもこなすんじゃなくて、もうずっとこの路線でいって欲しい…アバズレあかりんを目にしたくない……

一緒に入浴密着感と艶っぽいうなじ

本編におさめられたチャプターは3つ。そのうち1~2までをピックアップ!

身も心も彼女に奪われちゃってください。

チャプター1・最後の夜

旅館の一室。

チェックインしたところから本編スタート。

楽しかった1日。何気ない会話。カラダを寄せてきて手をマッサージをしてくれるあかりん。それでもこれは不倫旅行なのだ。ふたりの最後の1日。どんなに密着していたってつのる寂しさ。

 

「今日で最後だもんね。ずっと一緒に行きたかったんだよ」

 

いっぱいナデナデしてと甘えてくるあかりん。別れを前提とした関係だからこそ彼女の笑顔が切ない。

パンチラ。尻チラ。見つめ合ってチューをしていると見え隠れする彼女のアキレス腱がやけに細い。

 

このチャプターにガッツリな性行為はありません。彼女が身につけているニットもセクシーなものではありません。一緒に入浴が主な官能シーン。

 

  • お部屋でイチャイチャしたあとは温泉に移動♡

 

ヒノキ風呂。

きゃしゃな背中。彼女の肩甲骨の複雑な動きが人体の精巧な構造を思わせる。

うなじ。首筋の小さなホクロ。

アナタが彼女の乳首にシャワーを当てると身をよじり、お風呂に入りにきたんだよ、とぷっくりふくれるあかりんが愛おしい。

 

VRの入浴は性的な快感だけでなく、リラックスした気分になれます。そのうち防水仕様の、お風呂で使えるVRゴーグルが登場することでしょう。

 

注意!

彼女のカラダを舐め回すようにカメラがそこそこ移動します。体調が優れないとVR酔いの可能性も。

 

シャワーのあとはいよいよ入浴。うなじアップ。鼻の頭に汗が浮いたあかりんがアナタのおちんちんに刺激を加え始めてくれます。

 

主な官能シーン

入浴中に裏筋乳首こすり。

乳首いじってもらいながらの湯中バキュームフェラ。

 

入浴が終わったら部屋に戻ってお食事タイムです。

 

【VR】最後と決めたけど、ナマで出していいから私…(FANZA)

チャプター2・どうしても別れたくない…

お鍋。刺し盛り。ビンビール。向かい合っての夕食タイム。琥珀色の飲み物を注ぎ注がれ、やわらかい時間。

 

「あーんしたいな♡」

 

ちょこんとわさびを載っけるあかりんのキレイな箸使い。入浴後のお酒。愛おしい女。心もカラダもゆるみ切ったリラックスタイム。このシーンを観ていると本当にお酒が飲みたくなります。

 

一緒にナベのタラをフーフーしたり、序盤はイチャラブタイム。基本的に激しい夜は最終チャプターへ持ち越されます。

 

口内の奥までさらしてくれるあかりん。

 

「ずっとくっついてたいの……」

「こっちもいただいちゃおっかな」なんて。アナタはおちんちんも食べられちゃったりして。

 

チェック

前作のレビューでは彼女のことを格別美人ではないと書きましたが、めっちゃ美人かもしれない。そう感じるのは恋の魔法なのでしょうか……

 

主な官能シーン

はだけた浴衣。そこからのぞく白い太もも。

ビール口移し。つみれも口移し。

ぴったりくっついて白いおっぱいを対面もみ。

彼女の口からもれる切ない声。

白い胸元をアップでおがみながらの同時手コキ手マン。

 

「お仕事できるかっこいいアナタを見て、また好きになっちゃうじゃん。(お別れ)できるかな。自信ない」

 

たっぷりイチャイチャして身も心も高まったところで対面座位のコンドーム有り挿入。そのまま流れるように最終章へ向かいます。

 

チャプター3の最終章では、指であっさりイってしまう感じやすいあかりんとの激しい夜。ゴムなしを懇願してくる彼女の健気さに胸を撃ち抜かれます。

 

天井特化の騎乗位では、目前に迫る乳房や思わずキスをしたくなる鎖骨のアップ。ちょっと遠いですがおへそのくぼみなどを堪能できます。

天井特化とは?(ここをタップ)
アナタが仰向けに寝ている状態。そこに女優さんが覆いかぶさってきてくれるアングル。唾液垂らしは天井特化の大きな特徴です。できれば座っているイスを思いっきりリクライニングして、プラネタリウムのように楽しみたいところです。

 

地面特化では正常位で、仰向けに寝てもあまりカタチがくずれない張りのあるおっぱいを見下ろしながらパンパンフィニッシュ。

地面特化とは?(ここをタップ)
女性が下にいてアナタが女性に覆いかぶさるような体勢。天井特化の逆。正常位でも密着感が出るのが大きな利点ですが、最初は対面座位と勘違いします。アナタが腕立て伏せの体勢を取れるといいのですが、そうすると体力的に大変だしゴシゴシできないのが切ない。

 

最後は切なげに瞳をうるませる彼女に別れたくないと迫られて、はたしてアナタの決断は……

【VR】最後と決めたけど、ナマで出していいから私…(FANZA)

最後に注意点

ラストがちょっとあっさりだったかなぁ、という印象。

そこまで感情をゆさぶってくる作品だったので、特にそう感じたのかもしれません。アダルトコンテンツとして妥当といえば妥当な終わり方ですが、もっとあかりんを信じてドラマチックに終わってもよかったかも。

また、あかりんはパッケージに記載があるようなドエロ痴女なんかではありません。

ただ愛が深い女性なだけです。

 

ハズレはないと思いますが、オジサンとの不倫セックスなので若い男性にはトリップ感がイマイチかも。その場合は下記の作品の方がフィットします。

 

逆に職場に、気になる若い女性がいるおじさま。あるいは不倫体験があるおじさま。そんなひとたちは甘美な切なさを噛みしめながらゴシゴシできるでしょう。

ああ。

地位もお金も家族も捨てて道ならぬ恋に燃え上がりたい……それは男の永遠のロマン。

 

【VR】最後と決めたけど、ナマで出していいから私…(FANZA)