初心者向け、アダルトVRってどうなの?その魅力とヤバさについて

 

いきなりで申し訳ないのですが、アダルトVRのすごさを口頭や文章で説明することは不可能です。

 

VRを体験したことのないひとは、VRってどんなかな。なんとな~くこんな感じかなって頭で考えると思います。

 

ですが。

無理なんです。

どんな文豪が言葉の限りを尽くしてもアダルトVRの破壊力は実際に経験したひとにしか絶対にわかりません。

なぜか。

人が想像できる範囲を超えているからです。

 

想像はあくまでも想像でしかありません。どんなに頑張って妄想世界にトリップしても脳は理解しています。これは想像なんだと。

 

でもVRは違います。脳が錯覚します。

いえ。

科学的なことには言及できないのでハッキリとは言えませんが、錯覚しているのだと思います。

 

目の前に本物の女性がいるのだと。

 

脳が錯覚を起こせば、そこに広がるのはめくるめく官能の世界。興奮度は既存のどんなアダルトコンテンツも比較にならないほどのケタ違い。

 

特に最初に視聴するアダルトVRの破壊力たるや。ノドがひりついたり、頭がボーっとしてしまうほど。

ああ、叶うならもう1度あの瞬間に戻りたい……

 

店舗によってはネカフェや個室ビデオでVR体験ができます。それなりの性能のゴーグルを買うと、そこそこのお値段(3万以上)なので、まずはお試しがおすすめ!金太郎グループ(公式サイト)

最近はPS5も出て、PSVRのゴーグルも刷新されるかもしれないし、日進月歩の世界なので購入タイミングが難しいんですよね。

 

FANNZAでは特設コーナーが設けられていて、無料サンプルも用意されています。
VR動画でアダルトビデオの新たな世界を楽しもう! - FANZA動画

色白AV女優によるエロVRの特徴

特に私が感じるのは、色白女性の官能美による破壊力です。色が白いAV女優さんによるVR作品の特徴をあげていきます。

おっぱいを走る毛細血管

色が白くて透明感のある肌。

色素の薄い皮膚は、彼女たちの内部を透かします。毛細血管。おっぱいを走る青い筋。

 

もちろん、普通のAVでも意識すれば毛細血管が透けて見えていることに気づきます。

ですが、VRが再現する臨場感のままおっぱいが目前に迫ってきたときの、透けた青筋の頭がクラクラするほどの色っぽさ。

官能って細部に宿るんですよね。女のひとのカラダの細かい部分までアリアリと伝えてくれるのがVR。

 

色が白くても、ちょっと年を重ねたAV女優さんだと青筋があまり透けていないこともあります。

乳首の硬さ

VRだと乳首に質感が出ます。

勃起してコリコリになっている感じや、逆に勃ちが悪い女性のフニャ乳首感もアリアリと。

アナルの卑猥な発色と白とのコントラスト

男女ともに恥ずかしい場所。どんなに美人でお顔が愛らしくても、わけへだてなく卑猥。汚いものを排泄する穴に形式美を見いだすひとはあまり多くないでしょう。

 

色味が強くてシワシワなそれは、白い肌とのコントラストによっていっそう際立ちます。

VRだとヒクつくトンネルの奥まで見えてしまいそうに。女優さんによってはたぶんアナルNGとかあると思うんですよね。だって自分だったら恥ずかしすぎますもん。

 

ちなみに下記の作品では惜しげもなくアナルを披露してくれています。オーソドックスな作りですがゴージャスボディを堪能できるので、今後VRデビューするなら最初の1本としてもおすすめ。

正直パッケージでもサンプル画像でもVRのヤバさはなんにも伝わらないですけど一応。

伊藤舞雪さんの高画質VR作品

 

これがVR!

目の前に白いおっぱいが……

匂いが立ち上ってきそうな陰毛

濃いめ、薄め、剛毛、軟毛、そして剃り残し。

 

秘境地帯のもしゃもしゃ具合に立体感があるため、今にも匂いがただよってきそうな感覚を覚えます。

その他、ホクロの立体感など

ホクロさえ生々しく映し出してしまうVR。存在感のあるホクロでも普通のAVなら目にとまらないかもしれません。

 

性的興奮に働きかけてくることはあまりないかもしれませんが、服を着ていると見えない場所のホクロは、自分だけが知っている彼女のカラダ感が出るので愛おしさがつのります。

 

ホクロが点在している女優さん。ぽってり唇が魅力的。そして色が白いから肌が弱いのかもしれません。アザのようなものが目立ちます。

【陰毛は薄めです】

キスだけでも抜けます(抜かないけど)

キスをするときにAV女優さんが顔を近づけてくれますが、そのときに体温を感じるんですよ。

 

そう感じるのはたぶん私だけではないと思います。

女性の甘い吐息に乗って届く体温に首筋をくすぐられる感覚。VRは基本カメラ位置が固定されているため、キスはつねに女優さんから。強い密着感が生じるので、ひとによっては求められる喜びを感じられます。

 

ベロンベロンに顔を舐め回してくれる作品も増えてきました。まあ、彼女たちはカメラのレンズ舐め回してるんですけどね。

通常のAVだと他人がイチャラブしていても面白くもなんともないですが、VRの場合はAV女優とアナタがイチャイチャすることになります。つまりセックスの疑似体験。

 

こちらの作品では、女性に大好きって求められる至福の充実感を味わえます。

アダルトVRのデメリット

アダルトVRでは、女優さんはカメラに向かってアレコレすることになります。カメラがグリングリンに動くとユーザーはVR酔いを起こすので固定カメラが基本。つまり通常のAVと比べて動きが限定しているため下記のようなデメリットが発生します。

のぞきモノに向かない

もしかしたら本当かも?

 

そう思わせるリアリティこそが盗撮ものの重要な要素だと思いますが、VRでそういったリアリティを感じるのは難しいでしょう。女性との距離が遠いと、VRである理由が失われてしまいます。

 

ひとのセックスをのぞき見るナンパものなど、やっぱりリアリティが重要な作品には向いていないと思われます。

 

チェック

寝取られる男側に苦痛がともなう系統のNTRも、個人的には難しいんじゃないかな、と思っています。もしかしたら今後良作にめぐり会えるかもしれませんが。

銀歯やムダ毛で興ざめすることがある

鼻クソや銀歯が見えてしまったことがあるんですよね。

あとは汗をかいて化粧が浮いてしまったり、表情に疲れを感じてしまったり。

 

特に天井特化だと女性の年齢が出ます。それで興ざめしてしまったり。VRは女優さんにとってはシビアな戦場。

むしろリアリティに興奮するひともいると思いますが、ここではデメリットとしてあげておきます。

天井特化とは?(ここをタップ)
アナタが仰向けに寝ている状態。そこに女優さんが覆いかぶさってきてくれるアングル。唾液垂らしは天井特化の大きな特徴です。できれば座っているイスを思いっきりリクライニングして、プラネタリウムのように楽しみたいところです。

有名女優がいいとは限らない

最近は制作者サイドも洗練されてきましたが、通常のAVに慣れた女優さんがVRで映えるとは限りません。

通常AVとVRでは、求められる演技や距離感ってちょっと違うんですよね。それを理解していない、あるいは身についていない女優さんだと、いくら有名でもあまり興奮できないときがあります。

 

蛇足ですが

基本的に男優さんは完全黒子。

顔は出さないし、声も出しちゃダメ。下腹部のビジュアルが汚いひとも見かけません。大変なお仕事だなって感じます。いつもお疲れさまです!

メガネもコンタクトも必要です

特殊な機能を持たせているゴーグル以外はメガネもコンタクトも必要です。

私は近眼で乱視が入っていて、そろそろ老眼が入ってきたような気もします。

 

メガネを外すと普通にボヤけます。裸眼と同じですね。もしかしたら老眼が強くなると見え方も変わるのかもしれません。

ハマるとクレジットカードが火を吹きます

精子と一緒に火を吹きます。

PS(プレイステーション)VRの注意点

プレイステーションでアダルトVRを視聴する場合はちょっと注意が必要です。わかりにくい部分があるので箇条書きで記します。

PSVRの場合はFANZA一択か?

プレステでアダルトVRを視聴できるアプリは「DMM(FANZA)」と「Littlstar」

「Littlstar」は有料化された海外のアプリで使い勝手がイマイチ。

 

ほぼFANZA一択で間違いないですが2021年8月現在ストリーミング配信のみ。

回線速度が遅いとまともに再生できない。

動画再生能力は無線LANなどの影響も受ける。

 

チェック

【FANZAが推奨している回線速度】

視聴に必要な最低回線速度 6Mbps
標準版VR動画を視聴する際の推奨回線速度 24Mbps
HQ版VR動画を視聴する際の推奨速度 50Mbps

 

結論

通信環境が十分でない場合、PSVRは最適解ではありません。元々所有しているのなら問題ないですが、アダルトVRのために新たにPSVRの購入を検討しているひとは自宅の回線速度にメチャクチャ注意してください!

回線速度が遅い場合は他のVR機器の検討をおすすめします。また、ストリーミングだとFANZAのサーバーが渋滞していれば、回線が速くても視聴に支障をきたすことがあります。

 

※FANZAの仕様は今後変更になる場合があります。

 

今後ダウンロードできるようになるかどうかはFANZA側の意向だけでなく、プレステ側の方針もかかわってくるので、「いつかは」と楽観的に考えるべきではないでしょう。

FANZAで配信しているアダルトVRの対応機種

FANZAで配信しているVRの対応機種は下記のとおり。

 

  • パソコン

パソコンのHDMI端子に接続して使うようです。

ハイエンドモデルだと10万越えも!

 

  • iPhone
  • Android

ゴーグルにスマホを差し込んで使う形態です。

安いと1、000円くらいで購入できます。

でもさすがに安かろう不味かろうですけどね。

 

  • Gear VR

サムスンのスマホ、Galaxyシリーズに対応。

今は開発が終了しているようです。

 

  • Oculus Go
  • Oculus Quest

VR専用の独立したゴーグルでFacebookが発売。

Oculus Quest(公式サイト)」は「Oculus Go」の後継機種。

PSVRとシェアを分けあっています。

 

  • PSVR

プレイステーションVR。ゲームもできるのがメリットですが配線がちょっと邪魔。PS5と一緒にゴーグルも刷新されるかと思いましたが、今のところ動きはありません。ゲームよりも確実にアダルトの進化が先走っているからでしょうか。

 

※対応機種は変更および追加されることがあります

※VRソフトを購入する際は必ず対応機種の確認をしましょう。

初VRの体験談と興奮

最後になりますが、初めてVRを体験したときのことを記しておきます。

なんとなくネカフェで視聴してみたら…

初めてVRを体験したのはネカフェでした。

 

私はフリーで仕事をしているので家で集中できないときはネカフェやカラオケボックスに行きます。でもそのときは全然気が乗らなくてネカフェの個室でずっとウダウダしていました。

それでなんとなくVRが視聴できるブースにピットインしていたので、どんなもんなのかなと、あの頭にセットするのも面倒臭そうなVRゴーグルをかぶってみたのです。

 

コンテンツとしてAVはラインナップされておらず、女性が出演しているのはグラドルのイメージビデオでした。あとは動物とか花火とか平和なコンテンツだったので、まあ当然グラドルをチョイス。この時点では全然期待をしていなかったのですが……

 

やげて再生が始まったときの衝撃。

 

いる。

そこにいる。

胸元が開いた服を着て私に微笑みかけてくれる色白の女性が…!

今ほどVR機器も高性能ではなく、撮影技術も未熟だったはずで、女性が小さく見えたりもしましたが、彼女がグッと接近してくれたときには思わず自らの腕を上げて抱きしめようとしてしまいました。

 

はたから見たら不気味で滑稽な姿。でも私は彼女に夢中になっていました。脳が恋愛系のホルモンを分泌したのでしょう。恋に落ちてしまいました。

 

そのときのグラドルさん

当サイトはアダルトサイトなのでグラドルの名前をあげるのは基本控えますが、メイリさんというグラドルです。

 

結局その日はずっとVRゴーグルをかぶり続けてタイムアウト。

1、500円ほどの支出で1円も稼げませんでしたが、帰宅してから一切の迷いもなくプレステVRをネットで注文していました。本体があったので。

 

グラドルでこれならアダルトだとどうなるんだ??

 

正直私はAV離れを起こしていたので、女優さんの名前も知らないし、ネットでエロ動画を漁ることもなくなっていたのですが、VRゴーグルが届くまでの2週間、首を長くして待ち続けたのを覚えています。

精子が飛びました

ゴーグルが届いてからのプロセスは割愛しますが、最初に視聴したアダルトVR作品はコチラです。FANZAのレビューも高評価でした。

 

初期の人気作VR王様ゲーム

王様ゲーム。

2017年の作品。

アダルトVR初期の名作。今でもたまに視聴します。そのたびにあのときの興奮がよみがえります。

高刺激。

ひとのセックスを見ながら隣の子と粘膜をコスり合わせるシチュエーション。

 

 

結論を言うと、射精のときに精子が飛びました。

アラフォーの私は精力もおとろえ、オナニーの頻度も落ち、1週間に1度ムスコをコスっても白濁が勢いよく尿道を通過することはなくなっていたのですが、すっごい飛んだんですよ。想定外の勢いだったのでセルフ顔射をするくらい。

射精の快感は精液の量と勢い、そしてムスコの硬さに比例します。つまり興奮度です。まんまと脳が錯覚してくれました。

おわりに

VRカメラの性能や撮影技術は日進月歩。

 

今後も進化を止めないでしょうが、現時点で未来はすでに手の中にあります。

ここ1~2年、制作者側の技術も含めてアダルトVR界の進化がはなはだしい。めっちゃレベルアップしています。

 

すべての男は消耗品である。

という某有名作家のエッセイ集が昔ありましたが、すべての男がアダルトVRに屈する未来は遠くありません。メーカーが制作した作品がネットに落ちていてタダで視聴できる、という状況は技術的に難しいと思われるので、メーカーもさらに力を入れてくるのではないでしょうか。

 

高性能のゴーグルは安くないので、まずはネカフェや個室ビデオなどでお試し体験がおすすめ!金太郎グループ(公式サイト)

コメントを残す

CAPTCHA


まとめの関連記事